HOME > 湘南台ショップ/湘南台文華堂書店



湘南台文華堂








岩崎光子さんは、長く湘南台の地で書籍や文具を販売する文華堂書店を経営され、また、5年前にはじめた月に一度行われるフリーマーケットやイベントも今では53回目を数えるに至ります。
湘南台の駅を挟んで反対側になりますが、毎月大変なエネルギーをつかってイベントを企画、進行を行っている話を聞くにつけ素晴らしいなと思っていました。
今回は、同じ湘南台を元気にさせようと頑張っていらっしゃる「おたのしみ市」の代表でもあります岩崎光子さんに今までのイベントのご苦労やエピソードが伺えればと思い、お会いして来ました。


はじめに、なぜイベントなどをはじめたかと言いますと、相鉄線や市営地下鉄が出来て湘南台が便利になったのはいいんですが、反面、人が大きな街に行って、湘南台の街に人が少なくなってきてしまったのです。それで、これではいけないと思って、わたしは商売が好きだし、企画を考えるのが好きで、最初はこのビルの2階でフリーマーケットをはじめたの。雨でもフリーマッケトが出来るよ、って強がりをいいながらはじめたんですけど、やっぱり2階に人を呼ぶのは大変でした。でも、何とか人を集めなければと思ってね。


5年前に、駅前の活性化ということで、毎月イベントをよってみようと話し合い、有志ではじめました。
 駅前にはお店が少ないのでフリーマーケットをつのってにぎやかに。また、ストリートライブも取り入れたりして。


駅前がさびれたら、やはり人出も減りますから、やっぱり活気が欲しいですね。みんな一生懸命協力していただいています。
阪神大震災の時でしたが、市に10万円ほど寄付をしました。イベントの収益金をもっていったんです。
最近では、錣山さん(旧、寺尾)に来ていただいたのは好評でした。大相撲藤沢場所の時に、帰りにそのまま帰らないで、湘南台まで来て下さい、と頼んだら、先発隊で錣山さんがくるから、頼んでみますという事で実現したんです。今年もまた来ていただいたんです。
また、湘南台は公園がとても多いんです。で、今回は、公園のマップをチラシの中で紹介しているんです。これを見てラリーのようにして巡ってくれればいいな思っています。まあ、いろいろアイデアを出しながら、イベントをどう盛り上げるか、湘南台にどうしたら人がたくさん引きつける事が出来るか頭をしぼっています。


書店では、売れ筋の本は絶やさないようにしたり、また、キッズものの本やコミック系の本がひとつの特徴かもしれません。また、こだわり、イベントとして、「おはなし広場」第四土曜日の2時から3時まで地元の方に朗読をお願いして行っています。




 
HOME > 湘南台ショップ/南蛮屋 湘南台店
 
HOME > 湘南台ショップ/KANEKOナーセリー


カネコ ナーセリー








星谷歯科医院の交差点を隔てたところにあるお花屋さん、カネコ ナーセリー。本店が湘南ライフタウンの中にあり、ここは支店になります。
日頃、お世話になっている清水さんに今日は、ホームページに紹介するので、少し質問をしますけどいい、と言うと、えッーと少し照れながらもニコニコしながらこころよく話を聞いてくれました。
清水さんは、カネコさんで働き始めて9年目。もうベテランです。


花と接しているのが大好きなんです。
でも、朝が早い、休みが無いっていうのは、大変ですね。わたしは、市場に行ったりするっていうことはあまりありませんが、スタッフの男の人は大変です。世田谷、川崎の市場に行っていますからね。


ブーケを作っていますが、とてもお客さんには好評です。また、周囲に新しいマンションが増えて、お花を好む人が増えています。お花の好きなお客さんとお話をしているだけで楽しいですね。

清水さんは、手を見せながら、少し手が荒れるのがね、と少し残念そう。
いつか、お店を持ちたいですか、と尋ねると、花屋さんは、きつい仕事なのでね、と今のままでいいという感じです。やはり花屋さんの仕事というのは大変なんですね。
数日前に入荷した、大きめの胡蝶ランを棚から引き出し、少し誇らしげに見せてくれました。その後は、この胡蝶ランの話で大盛り上がりということになりました。
 清水さん、これからもよろしくお願いします。


 
HOME > 湘南台ショップ/George's

ジョージズ(george's)









オープンして8年近くなるジョージズは、湘南台にあるインテリアや小物のショップで一番モダンな物があるお店。
月に何度かこのお店を訪れては、その時々に気に入った物を購入しています。
今日は、マネージャーをしている島津さんを訪ねて、お店を運営するにあたっての考えなどを聞いてみました。


ジョージズは全国にお店がありますが、湘南台店は、やはりこの湘南台という地域のイメージにあった商品構成という物を考えて行っています。
この地域はマンションも多く、世代的にもニューファミリーといわれる世代の人達が多く住われていると思います。また、商圏も割と狭い地域になりますので、そうしたことを考えた上でのお店の運営ということになります。
ですから、文房具から寝具まで幅広い商品構成ですが、色や形といったものの工夫もありますが、日々模様替えを行っています。ですから、先週来たお客様も今週来てみると少しお店の感じが違うというようにしたいと思っています。


今は、秋物がどんどん入って来ています。ファブリック系が中心ですが、鞄や帽子などがお勧めです。また、10月には、クリスマス用品が入ってきますので、すっかり冬ということで、土なべなども入って来ますね。

秋物の入荷を楽しみにしながらしばらくお店の中を拝見させていただきました。

George's ホームページ




 
HOME > 湘南台ショップ/蝉 丸








善行駅から坂を下り、住宅街に少し入ると、前方、左側奥に2階建ての家屋から突き出るようにして立つ「蝉丸」の看板が見える。家屋のまわりには数多くのアンティークな物が置かれ、また吊り下げられている。そうした数々のアンティーク商品を取り除いてこの家の素の形というものを想像すると、いわゆる民家の一軒家なのだが、いまは立派な存在感のあるアンティーク・ショップになっている。このアンティーク・ショップを運営しているのが馬場務さん、澄江さん夫妻。少し話を伺ってみたいと思います。


澄江さん●子供も自立して、この家に二人だけということになり、それなら家を建て直そうかということになったんですけど、庭を広くとった家にね。
それで、この家を建てた棟梁に相談したら「この家はまだもつから壊せない!」っていうわけです。それじゃ、しょうがないから自分達で好きなようにしようと思って、夫に「この家を山小屋風にしたいから、壁紙を張り替えて!」って頼んで、壁紙を買って来てもらい、ふたりで壁紙を張ったんです。以前のは、新建材を壁に張られていたのでね。
で、夫は仕事の営業で、福島とか東北地方に車でよく行っていたので、その折に少しずつ古い物を買い集めてね(笑)。
務さん●で、もともと日曜大工のようなことが好きで、集めた物を手入れをしてね。妻が骨董が好きで、骨董市に一緒に行っていたりしていたから。

澄江さん●そうしているうちに、ミイラ取りがミイラになるように、夫が骨董にはまって来て、今日のように和のアンティークの店ができるようになったのね。
務さん●古い物を水洗いして、使えるように蘇らせるのは楽しいですね。それがまた、お客さんに気に入ってもらえて買って頂くというのはまた嬉しいことになります。
ご主人の馬場務さんは、愉しそうに明治、大正、昭和の古い物の良さと本来の使用法とは違った活用法を見つけ、その使用法に適した改良の愉しさを嬉しくなるくらいにたくさんお聞きしました。そうした馬場さんによって甦った作品は、民家を改造した店内にところ狭しと溢れています。また、2階の階段を上がると、そこにも手入れの行き届いた家具や置き物が展示されています。

蝉 丸 店鋪マップ


 
 
HOME > 湘南台ショップ/さかな屋 魚太


さかな屋 魚太


滝上さんとのぞみさんの二人で切り盛りをするさかな屋さん「魚太」。魚屋さんといえばスーパーマーケットの中の魚屋さんが全盛の時代に、魚屋さん一本で勝負若々しい「魚太」さんにお伺いしました。


― 今の時代ですと、魚もスーパーで買うような時代ですが、昔ながらといいますか、魚屋さん一本というのはいいですね。開店してどのくらいですか。
● 滝上さん 開店して半年です。
― 魚屋さん専門のお店を出すというのは、それなりの信念があった訳ですね。
● 滝上さん 高校を出てから、魚屋さんに勤めていました。たまたま就職したのが魚屋さんだったんです。それから、14年です。
― 良く言うと、はまったっていう感じなんですね。相性があった。
● 滝上さん そうですね。
― 市場はどこに行くんですか?
● 滝上さん 市場は、南部市場(横浜市)です。


―ご自身のポリシーみたいなものって何ですか?
● 滝上さん 魚は日替わりなんで、なるべく安く出したいのでね。あと嘘をつかないことですね。駄目なものは、駄目っていうことですね。それを教えてやりたいですね。
― これから12月なので忙しくなりますね。
● 滝上さん その予定です。
― はじめてのことなんですね。お正月を迎えるので、売るものも変わってきますでしょ。
● 滝上さん そうですね。
ー 練り物もこだわって仕入れているわけでしょ?この殻付きのカキがいいですね。なかなか殻付きのカキを売っているところはないですね。湘南台では、ないと思います。
● 滝上さん そうですか。
― 好きな魚ってなんですか?
● 滝上さん 焼く魚は、スズキですね。刺身はヒラメがいいですね。ほうぼうの刺身もいいですよ。すごくおいしいです。冬から春のおすすめです。

追記:今日は、この道14年だそうですけど、20代のような若々しさと初々しさがただよう店内で、魚を吟味する楽しさを久しぶりに味わいました。これからも新鮮なお魚を仕入れていただき、湘南台の食卓をはなやかせてください。お話の後、「ほうぼう」と「カキ」を夕食にと買い求め、楽しいお話を思い出しながら家路につきました。

さかな屋 魚太 ホームページ



 
HOME > 湘南台ショップ/ルーシーグレイ
フラワーショップ・ルーシーグレイ






湘南台の図書館の向かいにある緑の屋根の白い家は、おしゃれなガーデンショップ「ルーシーグレイ」。 以前から気に入っていたガーデンショップを今回、取材に訪れてみました。

もともと花の生産をしていまして、1990年に売店をはじめました。
わたしはどこかで花の修行をしたというのでなく、ほとんど素人でスタートしました。
それで、もともとは売店をやりたくて花の生産をはじめたんです。ただ、普通の売店をやっても面白くないので。当時は、生産をして売店をやっているというスタイルはほとんどなかったことと、生産をしていると他店との差別化ができるだろうということを考えました。
で、たまたま大学の先輩で生産をやっている方がいて、そこに研修に行きました。 そこではシクラメンが中心でした。

直接お客さんが何が欲しいかというニーズがわかり、また、生産の方にダイレクトに反映させることができるので、そういう意味では、生産だけ、売店だけをやっているよりは、お互いのメリット、プラスアルファーの部分があるだろうと思います。

わたしを含めて売店は6人です。生産の方はまた別にスタッフがいます。

ええ。市場にも出します。

今の時期はそうですね。

忙しい時期は、東京の世田谷まで週3回仕入れに行きます。市場があるんです。
ですから手がかかる花はやれないんですね。シクラメンは手がかかる花なので。その辺は割り切って現在はやっていません。出来る範囲のものを生産して、その他は仕入れるというスタイルですね。

うちの場合は、花に関しては材料を提供している店というイメージですね。寄せ植や、花壇に植えていいお花をチョイスして、入れています。それと差別化の一貫で、他では手に入らないもの、他店で取り扱ってないものですね。

年に2回東京で「ギフトショー」がありまして、そこで見つけたりしています。

追っていくとそういうところに行くんでしょうけど、うちは追い過ぎないようにしています。あくまで皆様が手軽に植えることのできる宿根草や球根でもいいんですが、毎年確実に出てくるものがいいですね。新しいものって、日本の気候に合わないものもあるんです。パッとでてくるんですが、二年目には出てこないというものもあります。
素材を入れて見せて、売るというスタイルなので、植え込んでどうなるかという感じで、流行でということでは気にはしていないですね。  

 

以前はしていました。設計と施行までしていました。現在はスタッフがいないのでできないです。  

 

うちでは花器やガーデン用品ということだけににこだわらず、通常植え込みに使わないブリキのバケツであったり、とにかくこれはいいかなというものであれば、ガーデンに使うものでなくてもいいということになります。
ですからブリキのバケツでも、底をくぎで穴を開けて使っていたりします。
その辺も他のお店との差別化をしたいということがあります。材料だけでなく器も、出来るだけとおもっています。
店内だけを見ると花屋さんという感じには見えないかもしれません。  

 

花だけで言えば、珍しいもの、品質のよい物を置きたいと思います。  

ルーシーグレイ ホームページ 






 
HOME > 湘南台ショップ/井上花園・井上さん
井上花園


井上さんはシクラメン栽培で農林大臣賞を受賞されています。湘南台にシクラメン栽培を定着された功労者です。井上さんが語るシクラメンの話は情熱でいっぱいです。


― シクラメンで賞を取られているんですね?
● 井上さん 昭和55年に全国シクラメンコンクールで農林大臣賞をいただいています。また、県からの賞などで3回頂いています。自慢をしているわけではないんですけど、取ろうと思ってもなかなか取れないですね。地道にやっていた成果だと思っています。
― どのようなシクラメンで受賞されたんですか。
● 井上さん 古典的なもので、バーバックで頂きました。あと花の先の赤いビクトリアというものでも頂いています。いまは様々な品種があります。生産者が新しい品種を作っている時代です。ただいままでの品種を維持するだけでも難しいですね。



― いつ頃からシクラメン栽培をはじめたんですか?
● 井上さん 22歳の時からはじめて40年以上シクラメンを栽培しています。
シクラメンは、サクラソウ科です。地中海原産で、温暖な地域の植物なんですけど、藤沢ブランドのシクラメンを作りたいと、いまから20年前に湘南シクラメンを作るということに努力をしてきました。うちで種を採ってきて、この地で作りこなして、出荷するという、長持ちする湘南シクラメンをプライドをもって生産をしたいということです。
― シクラメンの他にはどのような花を栽培されていますか?
● 井上さん サクラソウ、サイネリア、アジサイなどです。栽培は、カーネションを扱う連休から母の日という繁忙期と、シクラメンを扱うお歳暮の繁忙期の二つしかないんですね。昔はもっとたくさんあったんですけど、生産者としてもっと様々な努力をしていかなければいけないです。シクラメンは、クリスマスを過ぎると価値が落ちるということが残念ですね。お歳暮のシクラメンということになってしまっています。いつでも愛されるシクラメンであって欲しいということが希望です。






 HOME > 湘南台ショップ/和孝園・和田さん


和孝園


富士山を一望出来るロケーションの地で、千坪ある農園で42年間シクラメン栽培一筋の和田さんをご紹介いたします。
最近では、息子さんも加わり、パンジーや苗ものも始めています。




― シクラメンとの関わりはいつ頃からですか?
● 和田さん 20歳からこの仕事をしています。42年間シクラメン一筋に栽培しています。息子が10年前にこの仕事を始めたので、パンジーや苗ものを始めましたけど、シクラメン主体でやっています。 ― シクラメンについて教えていただけますか?
● 和田さん シクラメンは、品種改良も進められ、本来の花色の赤に加え、黄色や二色とあります。私のところでは、30品種くらいを栽培しています。人気は、赤のシクラメンですね。プルマージュという羽というフランス語ですが、その品種が人気が一番でした。





― シクラメンの栽培の流れを教えていただけますか?
● 和田さん シクラメンは、11月に播種をします。3月に3号鉢に、8月に5号鉢に入れ、それから仕上げ鉢に持っていきます。
今年はシクラメン栽培にとっては楽だったです。10月が涼しかったですからね。シクラメンは、暑さに弱いです。去年、一昨年は10月の中頃まで30度以上という日がありましたから、株は平気なんですけど、花の咲くのが遅れるんです。今年は順調で、11月には咲いてお客様に提供できました。
シュクラメンの天敵は、シクラメンホコリダニというのがいます。それが蕾の中に入っちゃうので、予防、予防で対処しています。
― 農園の一年を教えていただけますか?
● 和田さん 1年で見ますと、ペチニアをやったり、デキニア、日々草をやったりしています。春から初夏にかけてハイビスカスやカーネーションをやります。10月には、パンジーをやります。そしてシクラメンですね。中心は、お中元のハイビスカスにお歳暮のシクラメンですね。








 HOME > 湘南台ショップ/湘南ふくろうパーク


湘南ふくろうパーク


武川さんは、子供時代から動物好きでした。犬やハト、インコウを飼うのが好きな少年でしたが、3年前、一羽のホリスホークに出会ったことで、動物との関係が大きく狭まりました。今日は、武川さんを訪ね、湘南ふくろうパークを伺います。

<
― ここはどのようなお店なんですか?
●武川さん フクロウと身近に触れ合えて、遊べるところなんです。

― 猫や犬、うさぎと触れるというのは聞いたりしますけど。
●武川さん そうですね。まだあまり身近ではないと思います。

― どのような出会いがあったんですか。
●武川さん もともと、鷹に興味があったんです。子供の頃から動物が好きでした。ハトを飼ったり、インコウを飼ったり、犬を飼ったりと動物好きの少年でした。中学、高校と進むうちに動物とは離れていったんです。それが、3年くらい前に、鷹を一般の人が飼えるということを知りまして、それでインターネットで調べまして、鷹とかを扱っているお店などを探したりしまして、それでブリーダーさんのところを訪ねていきまして、ハリスホークのチャコとブリーダーさんのところで出会ったんです。それで、一目惚れといいますか、好きになりまして、ハマっちゃったんです。生まれて半年くらいだったんですけどね。体の大きさは大人の大きさでした。すぐに貰いまして、湘南台4丁目で居酒屋をやっているんですけど、そこの看板娘になりました。
 そこから猛禽の世界に入っていきました。フクロウも2年くらい前から、マスコミなどで取り上げられてちょっとしたブームになってきたんです。それで、フクロウもちょっとずつ増えてきたんです。

― ちょっとどころではないですね。
●武川さん 今は、13種類のフクロウがいます。ちょっとずつ増えていったんです。


― このようなスタイルになったきっかけってあるんですか。
●武川さん 都内にもこのようなお店はあるんですね。で、大反響なんです。ここに来たお客さんは、みなさん、いい笑顔をなさるんです。それがいいんですね。私は笑顔が見たいんです。帰る時には、すごく感謝されるんです。それが一番の喜びです。


― システムはどのようになっているんですか。
●武川さん 入場料制みたいになっているんです。一時間1000円(税別)になっているんです。それで、この子たちに触れ合えて、一羽、気に入った子を手に乗せることができるんです。

― お客さんはどのような方ですか。
●武川さん お近くの方はもちろんですけど、県外の遠方からもお見えになります。インターネットを見て来られるんですね。横浜、横須賀、町田とかですね。それで、リピーター率がいいんです。一週間に一度、一ヶ月に一度とかで、来られます。お帰りになるときに「また、来るよ!」って帰って行かれます。

― 普段の疲れをふくろうで癒されてみませんか。
●武川さん ふくろうってどんな動物ですか。
まだわかってないことが多いんです。とてもおとなしい動物ですね。本来は夜行性ですけど、この子たちは卵の時から人間が育てていますから、生まれた時から人しか見ていませんから、人と同じ生活時間ですね。

― ありがとございました。今からふくろうとの時間を過ごしたいと思います。

湘南ふくろうパーク
営業時間:
土日祭日は、午後12時から午後6時まで。
平日は、午後2時より午後6時まで営業しています。


 
HOME > 湘南台ショップ/フジサワ・ウェアハウス


フジサワ・ウェアハウス










湘南台から少し車を走らせ、藤沢・厚木線を少し入ったところに大きな倉庫のような建物がフジサワ・ウェアハウス。住所は、藤沢市石川。
横浜・中華街近くに1980年にキヤ・アンティークスを創業。5年前にこの藤沢に広い敷地面積のフジサワ・ウェアハウスをオープンし、2店鋪体制で、ヨーロッパを中心にしたアンティーク家具を販売しています。
今日、お店を案内してくれるのは、宮澤さん。このウェアハウスの起ち上げからのスタッフだそうです。木が好きで、木工を勉強をしていたそうで、本当に古い家具が好き、という好青年でした。


はい。やはりたくさんの家具の中から気に入った物を見つけてもらいたいというのが希望ですね。
ヨーロッパ全般の家具が中心で、時代も1920年代、30年代の家具が中心になりますが、国内日本一を目指しているんです(笑)。

持論なんですけど、イスをたくさんの中から選べる店で有りたいと思っているんです。ですから、ここでは、イスやテーブルを多く置いています。また、ヨーロッパの家具を気軽に買ってもらいたいということもあります。

1957年デザインの「スタッキングチェア」は垂直に積み重ねられるようにデザインされたニレ材とブナ材のシンプルな木製チェアで、軽量かつ非常に丈夫。ソリッドなブナ材で作られた背もたれの支えと上部は、背中全体をサポートできるシェイプにデザインされています。

そうですね、このイスは値段が張りますが、いいものです。ウインザー地方のもので、貴族階級の家具ではないイスのはじまりといわれる物で、このイスから大量生産が可能になり、庶民の家具として普及したそうです。

いいものを長く使う、という考え方に共感してくださる方がすごく増えたように思います。また、そうしたいいものを見る目も出来てきたように思います。ですから、こちらとしても、例えばイギリスの田舎を巡って買い付けに行くとことをして、いい物、いい家具を探しに行きます。大変ですけど、愉しみでもあります。

キヤアンティークス・英国アンティーク専門店




 
HOME > 湘南台ショップ/金の道 銀の道


金の道 銀の道







湘南台駅西口から少し歩いた所に「ウエストプラザ1番地」中央通路に「金の道 銀の道」があります。
「金の道 銀の道」は、1ブースを1ヵ月単位で貸し出す「レンタルブース(棚貸/箱貸)で、自分の小さなプチショップが持てるのです(月々1575円〜)。
今日は、利用方法を教わって来ました。


ご利用の流れをご説明いたします。

■エントリー
当店指定のエントリーシートにご記入いただき、当店にお預けいただきます。その後、スタッフによって厳正な審査を行い、お客さまに出店の可否をご連絡致します。お返事は、1週間を目安にお待ち下さい。

■契約と棚の予約
審査に通りましたら、所定の契約書に必要事項をご記入ください。支払い先として銀行口座を指定していただきますが、ご本人様の口座以外はお受けできません。また、印鑑と免許証等、ご本人様を確認できるものをお持ち下さい。登録料として1050円を納入いただきますと契約は完了となります。

■商品陳列
ご予約をいただいた棚使用期間になりましたら商品をお持ちになりお越し下さい。スタッフにチェックを受けた後、商品を陳列して下さい。

■販売終了
スペースの都合上、当店では、利用期間終了後の商品をお預かりできませんので利用期間終了日までに商品をお引き上げください。お引き取りいただけない場合は、当店にて商品を引き上げをし、所定の手数料を申し受けます。
その後、規定の販売手数料を差し引いた金額を振り込ませていただきます。

以上がご利用になる為のだいたいの流れです。
詳しくは、「金の道 銀の道」までお問い合わせください。

金の道 銀の道 ホームページ