HOME > 湘南台とわたしの大学/慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス

● (薫さん以下省略)わたしは湘南台に住んでいて、学校に通っています。
◆ (有子さん以下省略)わたしは1年半くらい湘南台に住んでいたんですけど、半年前に実家に戻りまして、今は世田谷から湘南台に通っています。
■ (貴史さん以下省略)僕は長後から通っています。
◆ 私が一年だった頃ににくらべると着実に湘南台の街は変わっているって感じますね。
● 交通の便がすごく良くなった。小田急線、相鉄線、新地下鉄線と三つ通っているから、どこに行くにも便利になった。
で、街には食べたり、飲んだりするお店もけっこうあります。
■ 昼飯がね。
● 学校が隔離されているような感じだからね。駅までバス代かけて戻るわけにはいかないからね。どうしても昼御飯とかは面倒ですね。
■ 定食屋さんがもっとあればいいですね。「豚菜」みたいな店があればいいんですけど。
● 「豚菜」って、湘南台にあって男の子がよく行くんだよね。安い割に量がありますね。そういう店がもっとあればいいですね。
● 湘南台って映画館がないんだよね。藤沢まで行かないとだめ。もし、あれば水曜日の女性デーには絶対に行くけどね。
◆ そう、湘南台に映画館が欲しい。単館でやるような映画が観れる映画館がいいね。


● 一番最後に観たのは「千と千尋の神隠し」です。
◆ わたしは「アメリ」。
■ ぼくは「ハリーポッターと賢者の石」。
― みんな話題作だよね。で、有子さんは世田谷から通っていますが、都心と湘南台を往復してどんな感想を持ちますか?
◆ 今ほとんど三田校舎に通っているんですが、去年、週に一度くらい湘南台に来ていたんですが、たまに湘南台に来ると、うちの学校ってきれいだなって思うんです。毎日のように通っていた時はそんなありがたみは感じなかったけれど、たまに来ると校舎もきれいだし、富士山も見えたりしていいところだなって思ったりします。でも、毎日通うには辛いですね。
― 都心に住んでいたら今作っている作品の感じも変わるかもしれないね
● それはあるかもしれないですね。私の場合、こうした何もない場所で制作するには向いていたのかもしれない。都会は都会の感じ方があるかもしれないけど。
◆ 自分の作るもののインスピレーションをどこで受けたかっていうと、ここの環境から受けたものではなく、都会で受けたインスピレーションってあります。
― そうだね。都会で見たものとか、海外で見たものとかを整理したり思い出したりっていうのには、この場所はいい。
■ 制作する場所としてはいい。
● そう。制作する場所ではいいけど、刺激はない。
◆ 雑念の持ちようがない(笑)。


― キャンパスの学生食堂はどうですか。
● あまり気に入っていないの。
◆ ここのキャンパスはアメリカのキャンパスをまねして作ったって言っていたけど、アメリカの大学ってどうなんだろう。高校の時に、わたしはフランスのボルドー地方に一年間留学していたけど、フランスのキャンパスとここは全然違っていた。
― ICU(国際キリスト教大学)ってここのキャンパスと似たような感じがするね。やっぱりアメリカっぽいんだよね。
● そうだね。
― あそこは芝生と広々としたキャンパスのある大学だからね。大学内にアクセスする時の感じも似ているね。バスを使って、校門から校舎までも延々歩かなければいけないし。
◆ そうなんですか。
― ICUのキャンパスって学生じゃない人でもキャンパスを散策する楽しみってあって、学内のカフェでアメリカン・コーヒーが飲めて、その昔、まだアメリカンなんてなくて、そういう意味でもアメリカだったんだね。それがすごく美味しかった。そういう体験があったんですが、村上春樹の初期の小説にも、ICUのキャンパスを歩きながらそのコーヒーを飲むという描写がありますね。湘南藤沢キャンパスに近所の人とか、よそから訪ねてくる人っているんだろうね。
◆ 来ているみたいですね。
● そうなの。
◆ バス停の横に矢印でハイキングコースってあって、よく見ると、学校に続いている(笑)。
● まじで。
― それはいいね。もしかしたら、あそこのキャンパスのコーヒーは美味しかったと誰かが書くかもしれない。
■ それはない(笑)。
● そうだね(笑)。


■ ぼくはもっと御飯が食べれるところが欲しい。
◆ せっかく大学が出来て、湘南台文化センターあるし、もっと文化が育つような働きがけをしていく魅力的な町になればいいと思います。
● 大学と町の人との交流ってけっこうあるんです。例えば、サークルがイベントを主催する時に商店街とか地元のお店からスポンサーになってもらい、イベントのパンフに広告を載せるとかいうことがけっこうあるそうです。で、これからもまだ新しい大学ですけどもっと町の中にとけ込んでいくといいと思いますね。




 HOME > 湘南台とわたしの大学/慶應義塾大学総合政策学部「キャンドルナイト湘南台」



― 今年、卒業になるんですね。就職は決まったんですか。
● (大沼さん以下省略)はい。JRに決まりました。
― 鉄道が好きだったんですか。
● そうですね、電車が好きです。大学のゼミが町づくりだったので、JRは、沿線開発もありますし、観光もありますし、地方にどのように人を呼び込むかということがありますので、働けるといいなと思いました。
― 大学時代はどうでした。
● 早かったですね。サークルで「キャンドルナイト湘南」というイベントをやっていたんですけど、3年の時から代表をやらせてもらっていたんです。それは私の中で楽しくと言いますか、やらせてもらったという感じです。
― 具体的にはどのようなことをしていたんですか。
● イベントを企画して、お金を集めて、福祉作業所で障害者の方にキャンドルを作ってもらっているんです。今年はこのくらい作っていただけますか、と交渉して、材料を調達して、作ってもらって、出来れば作っている工程も見に行ってというように、写真も撮って、イベントの中で展示したりしています。
― 自分たちで作るのではないんですね。
● そうなんです。それを発注というかたちでお願いしています。それをひとつ50円で販売をして、それがお給料にもなればとやっています。
― 東日本大震災という関連では考えたりしたんですか。
● それは、全然出来ませんでした。
― そういうことも考えたんでしょ。
● そうですね。お金を集めたりはしましたけど、そのようなことは皆さんがやられていることですし、もともと大学の授業から発足したので、面倒を見てもらっている先生は、障害者に作って頂いている仕組みを、東北に持って行けば、東北の福祉作業所の復旧になるんじゃないかと、先生に言って頂いたんですけど、現地に知り合いがいるわけではないし、どのようなチャンネルで行けばいいのか、私も先生も見当がつかずにいたんです。今、2年が経って、出来たら作っていただく仕組みを東北にもっていければ良かったんですね。
― 何人くらいのサークルですか。
● 少なくて、毎年4人位です。星谷さんにこうしたらと言われていたんですけど、改善しないままに終わってしまったので残念です。



― 大学時代の思い出は。
● キャンドルの方ばかりで勉強というのはね。あそこの学校は、みんな何かしらやっているので、勉強でも活動でも。だから友達に会った時に、「元気だった」という会話をするのではなく、「最近何やっているの」って聞くんです。だから、私も自分が何かをやっていないと恥ずかしいっていうプレシャーが結構あって、それでがんばっている人がすごくいて、自分もがんばらなければいけないと思っていた4年間でした。
― 出身はどこですか?
● 東京の府中です。
― 大学時代の旅行はどうですか?
● 1年の時に、ローマ。2年の時に、台湾に行かせてもらって、3年の時にタイ、カンボジアをバックパッカーで行き、4年の時に、フランスに友達がいたので、ポーランドから5カ国くらい回ってフランスに行きました。去年は、いとこがアメリカにいたので、家に行きました。
― 結構行っていますね。最近、若い人は海外旅行に行かないって言うように聞いていますけど。
● いや、行っていますよ。ただ、留学は行っていないって聞きますね。海外旅行は行っていますね。
― 自動車免許証は持っていますか。
● 持ってないんです。友達は持っていますね。車は買わないって言いますね(笑)。旅行は、バックパックで行ったりして楽しかったですね。いかに安旅をするかということを考えてね。カンボジアなどは、一泊600円くらいで、安かったです。



― 4年間は、楽しかったですね。これからは社会に出て活躍ということですね。
● いままでは、学校があるじゃないですか。高校が終ったら大学に行く。就職って、就職が決まった後が、あまり見えなくて。次はこれをしようとか、独立しようとか、あればいいのだけど、とりあえず会社に入るだけになってしまっています。
― 会社に入ってみなければ分からないしね。
● 今までは目標を見いだしていたのだけど、今は目標が見えない。楽しみでもありますが、不安もあります。
― いつからですか。
● 4月1日からです。
― 一般的には、いい企業に就職をされたということですからね。
● 内定を貰って、卒業をするまでの間だけですね、その味わいを感じるのは。
― それこそ車掌さんもやるし、運転手もやるわけでしょう。希望すれば運転手になれるんですか。
● (大沼さん以下省略) いや、研修のうちだけで、3年くらいは研修で出来ますが、その後は支社や本社に行ったら、運転手は出来ないと思います。
― 新幹線にも女性の運転手がいますからね。
● 前日眠れないということがあるそうですから。事故をする夢とかを見るとか。
― 本社勤務で、企画って言うのもいいですね。
● 出来たらいいですね。知らない町に行くのが好きです。この町はここが好きで、この町はここがいい、というように探すのが好きです。震災の線路の復旧っていうのもあるじゃないですか。勉強をしなければいけないことがたくさんあります。
― 今までやってきたことが役に立つといいですね。
● 観光であれば、その土地のことを良く知らなければいけなし。「キョンドルナイト湘南」で出来なかったことのリベンジですね。
― 「キャンドルナイト湘南」の経験が生かせるといいですね。
  湘南台はどうでした。田舎だったかな?
● 田舎っていうことはありません。湘南台を広く歩いてみると、ステキなところがたくさんあります。それに比べると駅前がもったいないですね。便利ですけど、せっかくの景観がもったいないと思います。
― 通学はどうしていたんですか。
● バスです。こないだ学校まで歩いたんですけど。まだまだ畑もあったりしていいですね。
― 後輩に何かメッセージはありますか。
● 「大好き、湘南台」を見て、湘南台を歩いて欲しいですね。
― ありがとうございました。 


 HOME > 湘南台とわたしの大学/慶應義塾大学SFC「キャンドルナイト湘南台」


キャンドルナイト湘南台

ー 前の代表の大沼さんから「キャンドナイト湘南台」についてお話をお聞きしていますけど、改めて新しく代表になられた深山さんからお話をいただけますか?
● 今回、「キャンドルナイト湘南台」の活動紹介のしおりを製作しましたので、サークル活動の広報に役立てばと思っています。


キャンドルナイト湘南台とは
「キャンドルナイト湘南台」は、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(以下SFC)の学生が運営する団体です。授業のプロジェクトで2008年に企画・開催されたイベントを開催する為に実行委員会である本団体が設立されました。

活動紹介について
主な目的は、キャンドルナイトイベントを湘南台で開催することで、様々な形での地域の人々の交流を促すこと、また福祉施設へのキャンドルを発注することによる障がい者支援を実現することの2つです。
100万人のキャンドルナイトと呼ばれる活動に合わせ、毎年夏至と冬至の時期に湘南台でキャンドルナイトイベントを開催、SFC秋祭でのキャンドルナイト開催、また地域の子供向けにリサイクルキャンドル作りワークショップを様々な場所で開催しています。

冬至キャンドルナイト
2008年に始まった湘南台公園で開催される冬のキャンドルナイト。毎年約1000人弱の方にお越しいただいています。
出演・出店されるアーティストさんや飲食店のお知り合い、偶然通りかかった人、毎年来てくれている人、本イベントの企画を手伝っていただいた人‥‥様々な立場の人がこのイベントに足を運んでくれることで、湘南台の街が盛り上がればと、そんな思いでこのイベントを開催しています。

― 代表での「キャンドルナイト湘南台」では、どのような活動をしていますか?
● (深山さん以下省略)毎年冬にやっているのは、冬至キャンドルナイトで、サークルのメインイベントになります。それ以外に、夏至キャンドルナイトを湘南台の飲食店または、SFC構内の飲食店で開催しています。また、学内でのキャンドルナイトやワークショップを開催しておりますが、今回、活動紹介のしおりを作製しましたので、もっともっと私たちの活動を理解していただるようにしていきたいと思います。


― いつもお聞きしているのですが趣味はなんですか?
● パソコンをいじるのが好きです。あと、楽器をやるサークルにも入っていて、トランペットをやっています。

― 好きな音楽のジャンルはどうですか?
● 何でも聴くんですけど、トランペットをやっているので、ビックバンド系の音楽が好きです。あと、趣味は広く浅く何ですけど、自転車を乗っています。自宅が大学から10キロくらいのところにあるのですけど、そこから自転車で通学したりしています。

― 次に読書はどうですか?
● あまり本は読まないんですけど、最近kindleを入れたので、電子書籍でたまに本を買って読んだりしています。

― テレビ・映画についてはどうですか?
● あまりテレビは見ません。映画は、アニメが好きなので、最近だと「魔法少女まどか☆マギカ」を観ました。

― 就活も現実的な話になってきましたが、いかがですか?
● システムエンジニアやメーカーに行ければと思っています。メーカーだと、富士ゼロックスとかです。システム系だと、NTTデータやCSKとかを考えています。

― 湘南台ってどういう街ですか?
● 他所の街を知らないので正しいかは分からないんですけど、学生が外に出て、何かをやりたいと言った時に、すぐに、こうしたらいいよ、この人を紹介するよ、って言ってくれる人が一定以上にいらっしゃるのが、何かやりたい人に優しい街だな、と感じています。

PS. 六本木にあるミッドタウンにおいて、情報環境学部の合同の研究発表会がありました。深山さんも研究発表があるというので、六本木まで足を向けてみました。会場では、リクルートファッション姿の深山さんから、ご自分のブースの前で「Twitter解析でテレビ番組を推薦」するという研究制作したソフトを丁寧に説明してくれました。果たして評価はどのようになりましたでしょうか?
ありがとうございました。


 HOME > 湘南台とわたしの大学/日本大学生物資源科学部キャンパス




 

― 湘南台に住むようになって何年ですか。
● (一美さん以下省略)今年、五年生ですから、五年になります。
― そうしますと、湘南台も詳しくなりましたね。
● まあ、一通りには。ただ、湘南台で何かをするっていうことはないですね。横浜とかが近いので、横浜に行きます。五年前、はじめて湘南台に来た時は、小田急線だけでしたけど、今は、地下鉄や相鉄線も増えましたから、非常に交通の便がよくなりました。また、大学も新しい校舎やキョンパスもよくなりましたので、様々な物が変わりました。
― 横浜はどんなところに行きますか?
● ワールドポーターズにたくさんの映画館がありますので映画を観に行ったりします。赤レンガのところもいいですね。


 

― 大学では何を専攻しているんでか?
● 獣医学科です。4年生の後期から実習が多いんです。五年生になって内科や外科に分かれて専攻します。
― 卒業したらどのような方面にいかれるのですか?
● まだ、はっきり考えていないんですけど、動物病院いければいいですね。先輩たちは、公務員になっている人が多いですね。
― 公務員ってどんなこと職種の?
● 例えば、横浜にある動物衛生研究所とかで、検疫関係の仕事や家畜所での衛生関係の仕事ですね。大学に入ってから、こんな仕事があるんだってことがわかりました。
― 動物もカテゴリー分けがあったりするんでしょ?
● はい。大動物と小動物に分かれています。ですから、演習で大動物と小動物とでは対象動物が違います。五年生の前期に選択します。
― どちらを取ります。
● 小動物を取ります。いまは小動物を取る人大部分です。大動物を取る人はまれですね。女の人の場合、牛とかは、直検といって、直腸から手を入れて検査がありますが、手が届かなかったり、体力的にも大変です。なかなか大動物に触れたり出来ませんから、実習くらいの時になります。実習で北海道の農場に行ったりします。
― これからも勉強は忙しいですね。
● 授業は6年生になるとあまりありませんが、卒論のまとめと、国家試験の勉強ですね。何人かで集まって図書館で勉強会をしたりします。今年の国家試験がすごく難しかったそうで、大変そうです。
― 研究室に長く居るっていうことが多くなるでしょう。
● 五年生以上になると、卒論の研究でアニマルセラピーと分子生物っていってDNAとかRNAとかを研究している先生がいらっしゃいますので、その先生について実験をしたりします。もう少ししますと、研究の分担が割り与えられると、すごく忙しくなります。


 

― 家で料理をしたりしますでしょ?
● 家では料理は、たまにします。なかなか忙しいですから。
― 特に得意な料理ってありますか?
● なかなか作りませんからね。友達の家に呼ばれてみんなで料理を囲んでっていう機会は多いんですけど、自分ではなかなか作りません。冬は鍋物料理で、夏だとタコ焼き器を使ってタコ焼きを作るってあります。これからだと、研究の実験でみんなで会うっていうことも難しいですね。
― 最近観た映画ってなんですか?
● 明日行くんですけど、「キャチ・ミー・イフ・ユ・キャン」を観に行きます。
― スティーブン.スピルバーグ監督の映画ですね。
● そうですね。でも、映画を観に行くのは久々なんです。
― 旅行などはどうですか?
● 3月に友達とオーストラリアに行って来たんです。シドニーとかゴールコーストとかに八日間の旅行でした。でも、一度も泳いだりしませんでした。八日間ってあっという間でした。
― 湘南台から海が割と近いと思うんですが行ったりします。
● はい、ここからは江ノ島も近いし、鎌倉も近いんですが、近いとなかなか行かないものですね。友達と海を見に行こうかって何度か行ったり、花火に一度行ったくらいですね。でも、花火はもう二度と行きたくない。行きも帰りも人が多くてイヤになってしまいました。あんない人が多いとは思わなかった。


 

― あと2年の大学生活ですが、この2年での湘南台の思いで作りをあえて考えていただきますと。
とんさい。
● ワシントンの大学に研修留学に行くというのがありまして、それに行きたらいいなっていうのがあります。研修に行くと、その帰えりにいろいろなところに寄れるので楽しそうですね。それが楽しみですね。


 HOME > 湘南台とわたしの大学/フェリス女学院大学キャンパス





 

― 湘南台駅からは大学への交通の便はいいですね。
● (彩乃さん以下省略)はい。20分くらいで通学できます。でも、緑園都市駅から大学までの間の通称、心臓破りの坂があるので大変です。
― 大学の周りにはステキなお店もありますね。
● カフェやお花屋さんもあります。
― 都心にあった大学のキャンパスが首都圏近郊に移転しているので、このフェリス女学院大学はそういう大学にくらべると都心に近い大学になりますね。
● そうですね。毎日、千葉や新幹線で通っている人もいます。
― そういう方はサークルとかに入って活動出来ないですね。
● いや、入っています。遅くなると友達の家に泊まったりするんでしょうね。
― 女の子だから、できるだけ通えるなら通いなさいってご両親は言うでしょうね。
● そうですね。通っていない人でも、週に一度は実家に帰っていますね。ですから、土日になると周りに友達がいなくなって、かえって寂しくなります。


 

― 好きなことって何ですか。
● 本を読むのが好きなんです。習慣ですね。
― 一月にどのくらい読みますか?
● 普通の500円くらいの文庫本でしたら一日で読みます。なにか、読む速度が通常の人間の4.5倍くらいあるらしいんです。だから早いみたいです。
― それでは本棚を用意しないといけないですね。お勉強の方はどうですか?大変でした?
● 中国語が(笑)。中国語の選抜クラスにいるのですけど、大変でした。全然日本語が話せない先生がいらして、その授業が分からなくて大変です。結局、分からないので英語で質問したりして。
― 音楽学部でも勉強しているんですね。
● 4月に発表になるんですけど、合格すると音楽の学部の授業にも出れることになるんです。結構な倍率なのでどうなるか心配です。


 

― 湘南台に来て一年になりますけど、早いですね。
● 本当に早いです。はじめは、友達が出来るかなと心配でしたけどそんな必要もなく、アッという間の一年でした。学生会館や寮に入った子もはじめは寂しくなくっていいんですけど、だんだん煩わしくなってきてしまって、半年くらいで、お引っ越ししてします人が多いです。
― マイペースで一人でいるのは、そういう意味ではいいですね。
● はい。わたしは、ひとりでボーッとしている人なので、このスタイルがいいですね。朝、5時くらいから起きていますので、お隣の人にご迷惑ではないかと心配です。外に居るよりは、お家に帰ってお風呂につかって本を読んでいるほうが好きですからね。あと、4階で、ワイングラスを持って行って、お月さまを見ながら飲んでます。こないだ、双子座の流星群を見ましたけど良く見えました。
― 女の子どうしの話題はなんですか?ファションとかブランドとかはどうですか?
● 結構マイペースで、持っている人は持っていますけど、そうでない人も多いですね。みなさん個性的です。
― おこづかいって幾らくらいなの?
● わたしは5、6万円くらいです。
― アルバイトはしているの?
● 何もやっていないです。あまりアルバイトをしている人はいないですね。学校は特別止めたりはしないんですけど。
― 家庭教師とかは?
● ここは激選区なんです。慶応大学と横浜国立大学が近くにあるので。


 

― 好きな映画は?
● 「海の上のピアニスト」が好きです。あと日本の映画で田中麗奈の「初恋」が好きです。
― 本を読むのが好きなようなので、「わたしが推薦する5冊の本」というのを教えてくれます。
● これから読む本でいいですか。例えば、小澤征良の「おわらない夏」、青木玉の「幸田文の箪笥の引き出し」、向田邦子の全集の読んでいない最後の1冊。それと、吉田修一の「パークライフ」に、あと3年くらい前に直木賞を取った船戸与一の「虹の谷の五月」です。
― 文学少女ですね。
● 何でも読んでしまうんです。で、一押しは大好きな沢木耕太郎の「深夜特急」です。
― 「深夜特急」が好きだと、旅行はどうですか。
● 昨年の夏に青森、北海道に行って来ました。今年の夏に研修で中国に行くことになります。


 HOME > 湘南台とわたしの大学/多摩大學グローバル・スタディーズ学部


待ち合わせ場所の大学正門で、長身の曽根さんは、快活な言葉で「こんにちは!」と声をかけてきました。今回が初対面なのですが、明るい印象にこちらも「こんにちは」自己紹介も早々に、今回の趣旨をお話すると、早速、大学の中をご案内しましょうと言う言葉に導かれながら大学の構内を見て歩くことになりました。
コンパクトながら施設の充実した構内を誇らしげに説明する中、わたしも幾つかの質問をしてみることにしました。

待ち合わせ場所の大学正門で、長身の曽根さんは、快活な言葉で「こんにちは!」と声をかけてきました。今回が初対面なのですが、明るい印象にこちらも「こんにちは」自己紹介も早々に、今回の趣旨をお話すると、早速、大学の中をご案内しましょうと言う言葉に導かれながら大学の構内を見て歩くことになりました。
コンパクトながら施設の充実した構内を誇らしげに説明する中、わたしも幾つかの質問をしてみることにしました。

● (曽根さん以下省略)グローバル・スタディーズ学部というのは、社会学、心理学、人類学と幅広く勉強していきます。大学に入学しますと、TOEFLという試験を受けまして、それによってレベル別のクラスが編成されます。7クラス、8クラスに各学年があります。基本的に、授業は英語なんです。あと、私たちの大学は6割くらいが女子になりますから、女子の方が多いです。
僕は学祭の実行委員をやらせてもらっているのですけど、実行委員を募集したところ、女の子の応募が多かったですね。


● 僕は、AEPといって、1年生の時に学ぶ講義があるんですけど、2年生にもそれを受けることができるようになったので、その講義をもう一度受けてやろうと思っています。後はハワイの歴史とかを英語で学びたいと考えています。


● 英語を学んでいるので、英語を生かしたツアーコンダクターやホテルマンを考えています。人が好きなので、接客業がいいですね。


● 僕はテニスが好きで、もっとテニスが人気になればと思っています。サークルがテニスで、サークルのある日は、サークルのために学校に来るようなものですけど、楽しいですね。
この大学は駅から遠いのがつらいですね。また、歴史が浅いので知名度が薄いので、地元の方も知らない方がいらっしゃいます。是非、学祭が11月6日、7日にありますので、大学を認知して頂く意味でも学祭にきていただきたいですね。


● 大学まで、電車で1時間弱なので、いつも音楽を聞いています。 特にJ-popをよく聞くけど、80年代の洋楽POPも好きです。
J-popだと「ジャニーズ」系が好きで、「嵐」や「キンキキッズ」が好きですね。洋楽では、「マイケル・ジャクソン」や「バック・ボーイ・ストリーズ」がいいですね。
それと、海外ものテレビ・ドラマが好きで、アメリカン・ドラマでサスペンス・ホラー風の「スーパーナチュラル」が英語の勉強にもなり、よかった。今は、シリーズ4が終わり、秋に、シリーズ5が始まるので、今から楽しみです。

◆ 構内では、グループでスポーツをしたり、教室で自習をしている幾つかのグループという風景に懐かしみを覚えながら大学を後にしました。曽根さんの清々しい態度にふれ、今の若者が好きになるような大学訪問でした。