湘南台のスィーツ&グルメ湘南台のショップ湘南台とわたしの大学湘南台カルチャー湘南台で活躍する人々湘南台アーカイヴ

 37年前にオープンしました中華料理屋さんの古久家さんです。
古久家さんの特徴は、ホームページから引用しますと、 『「ラーメンではなく古久家」と言っていただけるたっぷりの玉子を練りこんだ中太ストレート麺は、毎日自社製麺工場で手づくり、もちもちの独特の食感が特徴です。
豚、鶏ガラ、野菜、昆布などからとったダシを、 生醤油で味付けし、玉子麺に絡めて食べる懐かしい味です。
焼きそばや餃子、チャーハンなども、昔ながらの優しい味で、地元藤沢のお客様に親しまれ』ています。
今回は、今も元気な古久家さんを訪ねてきました。



◆湘南台の先駆けの中華料理

●:オープンしたのは何時ごろですか。
古久家さん:37年前にオープンしました。
長後街道は、大山参りの重要なところでしたけど、長後駅への相鉄線等の乗り入れが実現できず、結局湘南台にみんな取られちゃった(笑)。先人が電車が通るのを反対したから。それからは、ベットタウンになってしっまったの。

●:住宅街が多くなりましたね。
古久家さん:そんなこんなで、長後にラーメン店を2軒ありますけど、今回、「大好き湘南台」だから、こちらのお店を選んだんです。お陰さまで37年になります。

●:夜は何時までなんですか。
古久家さん:10時までです。通常は12時までやっていたんですけど、このコロナ騒ぎで時間を短縮しています。



◆新型コロナ禍、大変ですね

●:新型コロナの影響が一番酷かったのは3月、4月ですか。
古久家さん:4月が酷かったですね。

●:やっぱりね。密にならないって言ったって、飲食は、時間帯でどうしようもないですね。
古久家さん:気の毒なのは、キッチンで働いている人たちで、マスクをしながら仕事をしなければいけないでしょう。暑くて、暑くて。それが気の毒です。
フェイスガードも、声を出すと声が下から上に上がって、頭に響いて痛くなるんですって。
本当は、キッチンなんかは、接客をするわけではないんですけどね。味見をする時には、ちょっとマスクを外して味見をしている所をお客さんに見られて、「マスクをしていない」って、言ってくる人もいますからね。



◆カップルがデートが出来る店がコンセプトでした

●:オープンした頃は今と違ったりしますか。
古久家さん:ロードサイドのレストランがブームになり始めでしたから、オープン当初は、車で並んで駐車場に入れるのに45分くらい待ったそうです。中に入って45分待たされて、席について食べるまで45分くらいという感じでした。キッチンをやっている人間も慣れていないのでなかなか注文の品を出せなかったということもありました。もう、泊まりで準備をしていました。当時は、午前1時まででしたけど、それが12時になり、今は10時までですね。

◆昔からの優しい味です

●:当時の名物料理はなんですか。
古久家さん:基本は、ラーメンと焼きそばと餃子です。

●:それは今も変わらずということですね。
古久家さん:それは、先代から変わりません。

●:今は何店舗あるんですか。
古久家さん:今は、組織改編になりましたけど、分ける前は10店舗ありました。
開店当初は、ニューファミリーという言葉が流行り始めた頃で、お店もラーメン屋さんぽくなく、イタリア製の家具を入れたりしたんです。カップルでデートが出来る店というのがお店のコンセプトにしていました。

●:開店当時からコンセプトがあったんですね。
古久家さん:東京の広尾のおしゃれなお店の入り口に色鮮やかな缶ビールをザーっと並べているのを真似て、うちでもやろうっていうことでキレイに並べましたね。しばらくして飲酒運転に結び付くというのでやめましたけどね(笑)。

●:いつまでもお元気で湘南台を盛り上げていただけらたと思います。今日はお忙しい中ありがとうございました。




古久家 湘南台店
藤沢市湘南台6−56−11
Tel.0466-45-4617
ホームページ
営業時間:11:00~22:00